FC2ブログ
健康 スイーツ グルメ 日本酒 焼酎 ワイン ジンギスカン 生ラム スーパーセール ユーグレナ
  1. 無料アクセス解析
安くて旨い物を見つけた歓びを皆様にもおすそ分け。
歯医者へ行くたびに「抜きませんか?」と言われ、
持ち主にも「歯磨きがしにくくて邪魔だなぁ」と言われてしまう
ただの厄介者でしかないように思われている”親知らず

この親知らずを有効利用する機会があったんです。
とは言っても、たくさん集めると何かがもらえるとか言うのではないのであしからず…。

以前神経を抜いた奥歯が調子が悪くなって歯医者で診て貰ったのですが、
内部吸収」と言う状態でいずれぼろぼろになるでしょうと言うことでした。
聞いた話だと、神経がつながっていない為その歯を異物と思い、それを排除しようとする働きによって内側がスカスカになっているそうです(軽石みたいな状態)。

これは埋めたりしても進行を止めるのは難しく、最終的には抜歯になるだろうと言われてしまいました。

ここで問題になるのが、抜いた後どうするかという事。
奥歯なので抜いたままにはできないので何か対処しなければならないのですが・・・。

インプラント・入れ歯・ブリッジといくつか説明を受けたのですが、
その中で私が選択したのが「歯芽移植」と言う方法。

簡単に言うと、悪い歯を抜いたところへ親知らずを引っ越してくると言った感じでしょうか。

そんなことできるものなのかなぁと不思議に思ったのですが、
ぶつけてしまったりして抜けた歯を牛乳につけて歯医者さんに持っていくと
くっつくことがあるというのを聞いたことありませんか?
医学的にはどうか分かりませんが、イメージはこれに近いみたいです。

現在は移植自体は終わっていて、歯が安定するのを待っている状態ですが、
今のところ違和感などは全くありません。
まぁ今後どうなるかはまだ分かりませんが…。

他の治療法と同様にメリット・デメリットはあるので一概にどれが良いとは言えませんが、
治療の選択肢が増えるのは良いことですよね。

ただ単に抜くのが怖くて残していた親知らずが、
たまたま虫歯にならずに残っていたおかげでこんなことができたのですが、
結果的に抜かないでおいてよかったなぁとつくづく思いました。

あ、でも怖いと思っていた抜歯も、麻酔も含めほとんど無痛でしたよ。
先生が良かったのもありますが、治療法や器具がどんどん進歩しているみたいですね。

※あくまで私自身の体験談です。文中に間違い等あるかもしれませんので、詳しいことは歯科医に聞いてくださいね。
スポンサーサイト